狹窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 母指を使った場合に強い痛みが手関節部橈側に出ます。さらに症状がひどくなると安静時にも痛みがあり、腱鞘部分に腫瘤(しゅりゅう)を触れる場合もあります。

狹窄性腱鞘炎(ドゥケルヴァン病)<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 まずは痛みに対して手をなるべく使わないように安静にし、時には副木や装具などで固定することもあります。そして湿布、塗り薬、痛み止めの内服薬を用いた保存的治療を行います。炎症と痛み、腫脹を和らげるために、腱鞘内局所麻酔薬とステロイド薬の注射を行う場合もあります。このような保存的治療が無効な場合には、手術的治療を行います。手術は腱鞘切開術で、通常は局所麻酔下に日帰りで行われます。