胎盤機能不全症候群とはどんな病気か

 胎児は胎盤を介して母体から酸素や栄養をもらって大きくなりますが、その胎盤機能が低下したために胎児が低酸素・低栄養となり、いろいろな症状を起こすものです。

原因は何か

 予定日を過ぎると胎盤機能が次第に衰えてくるので、過期妊娠(妊娠満42週を過ぎても分娩に至らない)は原因のひとつになります。そのほか、母体が妊娠中毒症(にんしんちゅうどくしょう)(妊娠高血圧症候群)、糖尿病(とうにょうびょう)、腎炎(じんえん)などの合併症をもっている場合、また母体が高齢である場合にも胎盤の機能不全が起こることがあります。

症状の現れ方

 低栄養のため、やせて細長い体型、しわしわの皮膚、皮膚の亀裂や表皮の剥離(はくり)、大人びた顔、長い髪の毛、長い爪などがみられます。また、低酸素のため、胎内で胎便を排泄していることがあり、羊水が胎便でにごっていることがあります。そのために皮膚や臍帯(さいたい)が黄緑色に着色していることがあります。多血症(たけつしょう)や低血糖がみられることもあります。

治療の方法

 低血糖、多血症など、合併する症状に対して治療を行います。

胎盤機能不全症候群に気づいたらどうする

 生まれた直後から症状が現れているので、気づいたら小児科医の診察を受けたほうがよいでしょう。