新生児壊死性腸炎とはどんな病気か

 新生児壊死性腸炎(NEC:ネック)は未熟な腸管に発症する後天性の消化管疾患です。広範囲の腸管に出血や壊死が起き、死亡率も高く、新生児医療における重い病気のひとつです。

原因は何か

 原因は不明ですが、未熟な腸管に血流障害(虚血(きょけつ))や感染症、授乳、薬剤などの誘因が加わり発症すると考えられています。症例の4分の3が極低出生体重児(ごくていしゅっしょうたいじゅうじ)です。

症状の現れ方

 発症は生後4〜6日が多く、多くの症例は授乳後に発症します。臨床症状としては胃内の残渣物の増加、腹部膨満(ぼうまん)、粘血便などを認め、呼吸状態の悪化、感染徴候の増悪も伴います。多くは急激で重篤な経過をたどり、代謝性アシドーシス、ショックへと症状は進行します。
 超低出生体重児(1000g未満)や重度の胎児発育遅延が認められた子どもでは、授乳開始前に発症する例もあります。

検査と診断

 前記のような臨床症状に加え、腹部単純X線写真で腸管拡張像、腸壁内ガス像、門脈内ガス像が認められます。NECが疑われた場合、繰り返しX線検査を行うことが重要です。非典型例では腸管内のガスが乏しく、腸穿孔(せんこう)(腸に孔(あな)があく)後に初めて診断されることもあります。

治療の方法

 NECは早期診断、早期治療が重要で、NECが疑われたら授乳を禁じ、胃管を留置して腸管の減圧を行い、輸液、抗生剤の投与を開始します。アシドーシスの補正や強心薬の投与も必要です。内科的治療で改善傾向が認められない場合には腹腔ドレナージを行います。消化管穿孔は絶対に手術が必要です。NECの発症率は新生児集中治療室(NICU)入院児の0・2%前後です。しかし、極低出生体重児では死亡率は依然として高く、予防と早期治療が最も大切です。

新生児壊死性腸炎に気づいたらどうする

 ほとんどがNICUに入院中の子どもに発症するため、全身管理を行い、必要であればただちに新生児外科治療を行う必要があります。