注意欠如多動性障害(ADHD)<子どもの病気>の症状の現れ方

 多動‐衝動性の多くは幼児期の早くから認められることが多く、幼児期から小学校低・中学年にかけて最も激しくなります。その後、中学生の年齢になると落ち着いてきます。注意欠如に気がつくのは多動の場合よりも遅いのですが、症状は大人になるまで多少なりとも続くことが多いといわれています。

注意欠如多動性障害(ADHD)<子どもの病気>の診断と治療の方法

 治療は心理的治療と薬物療法に大別されます。心理的治療の要点は二次的な情緒(じょうちょ)障害の予防(親や教師からの繰り返される叱責(しっせき)や、友だちからの疎外(そがい)のために自己評価が下がることによって後天的に生じる情緒障害の予防)、学習に対する援助(学習の能力にばらつきがあることが多いため、不得手な科目に対する特別な配慮)などが基本になります。
 薬物療法は中枢刺激薬であるメチルフェニデートの徐放錠(コンサータ)と、ノルアドレナリン・トランスポーターの阻害薬であるアトモキセチン(ストラテラ)がADHDに対して保険適用を認められています。