アレルギー性鼻炎<子どもの病気>の診断と治療の方法

 まず、原因となるものの排除が必要です。ダニ対策、花粉対策を行います。
 薬物療法としては、鼻汁が主体の場合は抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬である塩酸フェキンフェナジン(アレグラ)、塩酸エピナスチン(アレジオン)、エバスチン(エバステル)、ロラタジン(クラリチン)、塩酸セチリジン(ジルテック)などを、鼻づまりが主体の場合はロイコトリエン拮抗薬であるプランルカスト水和物(オノン)、モンテルカストナトリウム(キプレス、シングレア)というアレルギー反応の中和薬をのんだり、鼻に直接注入(点鼻(てんび))したりします。
 炎症をとる効果のあるステロイド薬は、点鼻の場合(プロピオン酸フルチカゾン〈フルナーゼ〉など)、副作用は少ないといわれています。花粉症であれば、その季節の数週間前から、前述した治療を予防的に行うと有効です。
 慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)を併発している場合は、マクロライド系という抗生剤(エリスロシンなど)やカルボシステイン(ムコダイン)という薬の併用も有効です。マクロライド系の場合、少量で使えば抗生剤としての効果は少ないのですが、炎症止めとして期待できます。カルボシステインは、痰切りとして古くから使われている薬ですが、副鼻腔や中耳炎などのうみを外に出すことを手助けする効果も近年発見されました。抗アレルギー薬と併用すると、より有効です。
 治りにくい患者さんには、家塵(ハウスダスト)や花粉を少量ずつ定期的に注射してアレルギー反応を鈍感にさせる減感作(げんかんさ)療法という方法もあります。また、鼻のなかに構造上の異常がある場合(骨が曲がっている、鼻の通路が狭くなっているなど)は、手術が鼻炎の治療の手助けとなる場合もあります。