肺動脈狭窄<子どもの病気>の症状の現れ方

 軽症の場合は症状が認められません。検診やかぜなどで医療機関を受診した際に、心雑音で気づかれることが多いようです。中等症の場合、年少のころは無症状で、年長になるにつれ動悸(どうき)や運動時の息切れが現れてきます。
 重症の場合には新生児期にチアノーゼ(皮膚や粘膜が紫色になる)を認め、多呼吸、ミルクの飲みが悪い、体重増加が少ないといった心不全(しんふぜん)症状が現れます。このような場合は、できるだけ早く治療を受ける必要があります。

肺動脈狭窄<子どもの病気>の診断と治療の方法

 軽症であれば、治療をせず、経過をみることが多いです。中等症では、年長になると心不全症状が出るため、無症状の年少時に治療を行うことが多いようです。
 重症の場合、心不全症状が認められる場合には、まず強心薬、利尿薬などの内科的治療を行いつつ、治療法を検討していきます。治療法には次に述べるものがあります。
 狭窄部が肺動脈弁の場合は、カテーテル治療が第一選択となります。肺動脈弁以外の狭窄の場合は、その様子によりカテーテル治療あるいは手術が選択されます。狭窄の部位、重症度によりその予後はさまざまです。