総動脈幹残遺症<子どもの病気>の症状の現れ方

 生後早期に呼吸障害や哺乳不良、体重増加不良などの重い心不全症状が現れます。

総動脈幹残遺症<子どもの病気>の診断と治療の方法

 症状の出現に合わせて生後早期から強心薬、利尿薬などが必要となりますが、内科的治療は限界があり、手術が必要です。動脈幹を大動脈として使い、切り離された肺動脈を、人工血管などで修復する手術などが行われます。