総肺静脈還流異常症<子どもの病気>の症状の現れ方

 出生直後からチアノーゼ(皮膚や粘膜が紫色になること)が認められます。肺静脈の出口が狭いと肺内の血流が滞り(肺うっ血)、呼吸状態が悪くなります。
 まれですが、これらの問題がない場合は、生後数カ月間状態が安定していることもあります。

総肺静脈還流異常症<子どもの病気>の診断と治療の方法

 出生後早期に症状が急激に進行するため、診断がついたら多くは緊急手術になります。肺静脈を左心房につなぎ直す手術を行います。