肥厚性幽門狭窄症<子どもの病気>の症状の現れ方

 出生直後でなく、生後2〜3週してから哺乳後の嘔吐で発症します。飲むたびに嘔吐し、やがて噴水状になります。嘔吐した後は、再び哺乳をしたがります。嘔吐が続くと、脱水や体重増加不良を来します。また嘔吐により胃酸が体外にでるために血液がアルカリ性になります。黄疸(おうだん)を認めることがあります。

肥厚性幽門狭窄症<子どもの病気>の診断と治療の方法

 脱水や血液がアルカリ性になっている場合には、点滴などでまず補正を行います。次に外科手術を行います。胃の外側から幽門部の筋肉を縦に切って広げるラムステット手術が行われます。治療成績がよく、安全性も高い手術とされています。
 一部では幽門筋をゆるめる薬(硫酸アトロピン)を用いて、保存的な治療も試みられていますが、効果の確実性に乏しいようです。