乳糖不耐症<子どもの病気>の症状の現れ方

 乳糖を多く含む乳製品を摂取するとおなかが痛くなり、蠕動が亢進して、酸っぱいにおいのするガス成分に富んだ水様の下痢をします。赤ちゃんでは、ウイルス感染による腸炎に合併して症状が出現することが多いようです。

乳糖不耐症<子どもの病気>の診断と治療の方法

 乳糖を含む食物を除去・制限します。乳製品でもあらかじめ乳糖を分解してある食品は摂取可能です。乳児に対しては乳糖を含まない特殊なミルクを使用します(ラクトレス、ボンラクトなど)。感染に伴い一過性に生じる二次性乳糖不耐症の場合は、乳糖分解酵素を薬として補充する方法もあります。