反復性腹痛とはどんな病気か

 腹痛が少なくとも1カ月に1回(多くはほとんど毎日から週に1〜2回)、3カ月以上にわたって続き、生活の障害となる場合をいいます。

原因は何か

 反復性腹痛は内臓などの異常が原因の場合(器質的疾患)と、内臓などに異常を認めない場合(非器質的疾患)の2つの群に分類されます。
 器質的疾患のなかには、消化性潰瘍(しょうかせいかいよう)(胃・十二指腸潰瘍)、総胆管拡張症(そうたんかんかくちょうしょう)、慢性便秘、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎クローン病)、慢性膵炎(すいえん)などの消化器疾患や、てんかんなどがあります。
 非器質的疾患の代表的なものに、過敏性腸症(かびんせいちょうしょう)と心理的ストレスがあります。反復性腹痛は中学生の10〜15%が経験するといわれています。
 その原因として非器質的疾患が最も多く、なかでも過敏性腸症の可能性が60%、原因不明が20%、ストレスに対する心因反応が10%で、器質的な病気がある場合(腹痛の原因がはっきりとする場合)はわずか10%にすぎません。

症状の現れ方

 症状は臍(へそ)の周囲を痛がることが多く、強さや持続時間は一定でないものの、腹痛は1時間以内に治まります。腹痛とともに、頭痛、顔色不良、嘔吐がみられることがありますが、普段は無症状です。症状は心理的なストレスが加わると悪化し、週末や休日になると軽快する傾向があります。また、就寝中には腹痛はみられません。

検査と診断

 診断は、腹痛に関しての詳しい情報、および病歴の聴き取りが中心となります。反復性腹痛の原因は前述のように、非器質的疾患、なかでも過敏性腸症が大半を占めるので、検査は家族、とくに母親と本人の安心感を得るために最小限にとどめます。
 器質的な病気が強く疑われる場合には、血液検査や便・尿検査、腹部超音波検査、そして必要なら消化管内視鏡検査を行います。

治療の方法

 治療は原因によって異なります。器質的な病気の場合は原疾患に対する治療が優先されますが、非器質的疾患で過敏性腸症の場合は定期的に外来を受診し、患者(母親も含む)と医師の信頼関係を築くことに努めます。
 過敏性腸症は完全治癒が難しく再発することが多いため、ドクターショッピングをする頻度が高く、これを防ぐ必要があるからです。完治は難しいですが生命予後は良く、70%の軽快でよしとするように納得する必要があり、そのための信頼構築が必要です。最近は効果が期待できる薬が開発され、良い結果が出ています。
 心因性(ストレス性)に対しては、心理療法と薬物療法を組み合わせて行います。

反復性腹痛に気づいたらどうする

 腹痛発作の時は本当におなかが痛いことを理解し、持続する場合は外来を受診しましょう。しかし、両親が過度に心配をすると逆効果になることもあります。信頼できるかかりつけ医をもち、定期的に外来受診をしていきましょう。
 また、家庭内でのコミュニケーションを密にして、何らかの原因が隠れていないかを探すことも望まれます。