腸重積症とはどんな病気か

 腸重積症とは、本来は口から肛門まで1本のトンネルであるはずの腸管の一部が、肛門に近いほうの腸管に入り込んで重なってしまった病気です。2歳以下、とくに生後4カ月〜1歳までが起こりやすく、男女比は2対1と男児に多いと報告されています。

原因は何か

 多くは原因不明ですが、ウイルスの腸管感染による腸蠕動(ぜんどう)の異常が原因とする考え方が有力です。メッケル憩室(けいしつ)、ポリープ、悪性リンパ腫やアレルギー性紫斑病(しはんびょう)などの基礎疾患が原因となることがあります。

症状の現れ方

 発症初期には、嘔吐、腹痛や不機嫌がみられます(80%以上)。それまで元気であった子どもが、急に激しく泣いてはおさまること(間欠的啼泣(かんけつてきていきゅう))が続くようなら、注意が必要です。感冒様(かんぼうよう)症状を伴うこともあります。
 嘔吐が続くと脱水症状を来し、重なっている部分の腸管が炎症を起こして出血を伴い、粘血便やショック症状がみられます。最悪の場合は腸管が破れて腹膜炎(ふくまくえん)を起こし、命に関わることがある緊急性の高い病気です。

検査と診断

 診断は症状、経過のほかに、腹部の診察にて右側上部に押すと痛みのある腫瘤(しゅりゅう)を触れること、超音波検査で特徴的な所見を示すこと、注腸造影(肛門からカテーテルを入れて造影剤を注入し、X線撮影する)などで行います。

治療の方法

 発症後12時間以内で全身状態が比較的良い場合は、診断を兼ねて注腸造影を行い、整復を試みます。X線透視下で、造影剤や空気を用いて整復を行うことが一般的ですが、現在では超音波下で整復を行う施設もあります。整復が成功した場合でも、再発が起こらないかどうか入院して経過を観察します。
 発症から長時間経過している、腸閉塞(ちょうへいそく)が高度である、全身状態が著しく悪い、注腸造影で整復できない、すでに腹膜炎を合併しているなどの場合は、手術が必要になります。
 再発は、注腸造影による整復例で5〜10%にみられます。再発例の50%は、初回整復後5日以内にみられます。手術での整復後の再発は3・5%以下と報告されています。再発を繰り返す場合は基礎疾患の検索が必要になります。

腸重積症に気づいたらどうする

 前記の症状が重なって現れ、続くようなら、夜間でも救急外来を受診する必要があります。もちろん、日中であれば小児科を受診してください。なお、腸重積を発症した場合でも、退院後は食生活の制限は必要ありません。