陰嚢水腫<子どもの病気>の症状の現れ方

 陰嚢が大きくなります。痛みはありません。赤ちゃんの陰嚢を後ろから懐中電灯で照らして、透(す)けて見えた場合、陰嚢水腫の疑いがあります。

陰嚢水腫<子どもの病気>の診断と治療の方法

 ほとんどの場合、1年ほどで自然に吸収されるので経過をみます。2歳を過ぎても水が吸収されない場合や陰嚢が異常に大きい場合は、手術をすることがあります。針を刺して水を出す方法は、治るのを遅らせることがあるといわれ、今日ではあまり行われません。