腟閉鎖症<子どもの病気>の症状の現れ方

 腟欠損症では子宮の発生異常も多く、思春期以降の原発性無月経(げんぱつせいむげっけい)で外来を訪れます。月経血が腟内にたまるために、下腹部痛やしこりを訴えることがあります。

腟閉鎖症<子どもの病気>の診断と治療の方法

 軽度の処女膜閉鎖症では簡単な切開手術ですみますが、腟欠損症では造腟(ぞうちつ)手術が必要です。子宮に異常を伴う場合には妊娠が不可能な場合もあり、造腟手術により性交を可能にして患者さんの精神的不具感を癒すことが治療の主眼となります。20歳前後を目安に、造腟手術を行います。