陰門腟炎<子どもの病気>の症状の現れ方

 女の子のおむつやパンツに黄色や薄緑色のおりものが付いていることがあります。年齢によっては外陰部のかゆみや痛みを訴えることもあります。時には、尿道のほうにも細菌が入って膀胱炎を起こすこともあります。

陰門腟炎<子どもの病気>の診断と治療の方法

 抗生剤の外用剤が処方されます。場合によっては抗生剤の内服薬も処方されます。
 家庭で以下のように治療します。
(1)洗う:お湯でよく洗うようにします。石鹸はあまり使ってはいけません。
(2)塗る:おりもの、汚れをよく落として、処方された抗生剤の外用剤を塗ります。
(3)のむ:抗生剤の内服薬を処方されたら、医師の指示どおりに服用します。