裂手症、裂足症とはどんな病気か

 手・足の先天異常で、中央列(第2、第3、第4指・趾)が欠け、V字形の裂隙(れつげき)(切れ込み)を形成した状態を指します。出生2万人に対し1人の頻度で、男児に多くみられます。形成障害(発育停止)に分類されますが、しばしば合指症(ごうししょう)を合併することから、分化障害(分離不全)に近い状態と考えられます。

原因は何か

 裂手症、裂足症は単独でみられることもありますが、先天奇形症候群(EEM症候群など)の症状の一部としてみられることもあります。

検査と診断

 出生時、診断はすでに明らかです。まず体に他の異常が合併していないかどうか、診察を受けます。整形外科専門医の診察を受け、手術の可否、時期について相談します。X線撮影で指・趾骨(しこつ)の形態を評価します。

治療の方法

 裂手症の手術は、美容上の改善と指の運動機能向上を目的としますが、この2つが両立しにくいこともあります。一般的には離れた指を引き寄せ、深い切れ目を浅くするとともに、合指を分離します。裂足症の手術は多くの場合、美容上の改善が主目的で、切れ目を閉鎖ないし狭くします。しかし、普通の靴がはけずに困る例もあります。このため時に骨切り術や装具療法も併用されます。

裂手症、裂足症に気づいたらどうする

 小児の整形外科専門医の診察を受けます。