筋性斜頸<子どもの病気>の症状の現れ方

 筋性斜頸の子どもは、出生直後から首を傾けています。胸鎖乳突筋を触診すると、生後1週ころ、分岐部に腫瘤(しゅりゅう)を触れます。この腫瘤は生後3週ころに最大となりますが、その後の数カ月間で、ほとんどの場合は、縮小ないし消失しますが、数%の症例では、索状(さくじょう)物として残ることもあります。右の胸鎖乳突筋に病変がある場合、患児の頭部は右に傾斜、左を向いた位置をとります。治るのが遅れた場合、顔面は右半分で縦に短縮、横に拡大し、左右非対称になります。

筋性斜頸<子どもの病気>の診断と治療の方法

 乳児期には無処置、経過観察が原則であり、特別の検査や治療はしません。多くの場合、1歳ころまでには症状が自然に治癒ないし軽快することが期待できるからです。しかしそれ以降も斜頸が残る場合には、幼児期(3歳前後)に手術(胸鎖乳突筋切腱術(せっけんじゅつ)など)が行われます。