野球肘<子どもの病気>の症状の現れ方

 ボールを投げる際の肘の痛みが特徴的です。普通の生活には困ることはほとんどないのですが、関節ねずみ関節内遊離体)ができると、肘が動きにくくなったり、激痛が走ったりすることがあります。

野球肘<子どもの病気>の診断と治療の方法

 手術による方法と手術によらない方法がありますが、手術が必要なものは少ないようです。ボールの投げすぎによる故障ですので、十分に治るまで投げることをやめ、肘や手関節周囲の筋力アップを行います。離断性骨軟骨炎や肘頭疲労骨折では、早期復帰目的で外科的治療を選択する場合もあります。治っても、“投げすぎにより生じた肘の故障”ということを念頭におき、投球数の制限やフォームの改良などの予防対策も極めて重要です。