ペルテス病<子どもの病気>の症状の現れ方


(1)発病の経緯
 明らかな外傷歴がなく、疼痛と歩き方の異常により発症します。疼痛は股部だけでなく、大腿、膝部(しつぶ)のこともあるので注意を要します。

(2)年齢・性別・左右差
 2〜12歳にみられ、とくに4〜8歳に多い病気です。男性に5〜10倍ほど多く、両側例が10〜20%にみられますが、左右で発症時期が異なることが一般的です。

(3)症状
 疼痛は軽度でその原因は関節水腫(すいしゅ)です。水腫は早期に自然消退し、それとともに疼痛も消えます。そのため発症に気づかず、病気が進行していることがあります。股関節の運動制限はとくに内側に捻る運動で強い傾向があります。

ペルテス病<子どもの病気>の診断と治療の方法

 骨頭変形を生じることなく自然治癒させることが目標となります。一般に低年齢で発症した症例、骨化核の外側の高さが経過を通じて維持されている症例は予後が良好です。

(1)保存的治療
 疼痛が強く、股関節可動域(かどういき)制限がみられる時期は入院して牽引(けんいん)療法を行います。その後、通院での装具療法に移行します。装具療法の目的は負荷を避けることと臼蓋(きゅうがい)による大腿骨頭の包み込みで、少なくとも1年は継続する必要があります。

(2)手術療法
 修復が停滞した時に手術の適応があります。高年齢で発症した患者さんで必要になることが多い傾向があります。