未熟児貧血(未熟児早期貧血、未熟児後期貧血)<子どもの病気>の症状の現れ方

 表8に示した症状が現れます。新生児の場合、哺乳力低下が前面に現われます。

未熟児貧血(未熟児早期貧血、未熟児後期貧血)<子どもの病気>の診断と治療の方法

 未熟児早期貧血には輸血しか方法がなかったのですが、近年、エリスロポエチンの使用が可能となりました。そのほかの後期にみられる貧血には鉄剤を与えます。葉酸欠乏による巨赤芽球貧血(きょせきがきゅうひんけつ)、ビタミンEの不足による溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)には、それぞれ不足物質の補充を行います。