汎血球減少症<子どもの病気>の症状の現れ方

 大別して、白血球減少による感染症の症状(発熱、のどの痛みなど)、血小板減少による出血傾向(皮下の点状出血斑、鼻出血、歯肉出血など)、赤血球減少による貧血症状(表8)になります。

汎血球減少症<子どもの病気>の診断と治療の方法

 それぞれの原因となる病気を治療します。