先天性風疹症候群とはどんな病気か

 風疹ウイルスに免疫のない妊婦が妊娠初期に風疹にかかることにより胎児が感染し、子どもに多様な奇形を生じる先天異常症です。

原因は何か

 風疹ウイルスが原因で、1941年オーストラリアの眼科医グレッグが初めて報告しています。

症状の現れ方

 低出生体重のほか、眼球異常(白内障(はくないしょう)、緑内障(りょくないしょう)、網膜症(もうまくしょう)、小眼症(しょうがんしょう))、難聴、心奇形(動脈管開存症心室中隔欠損症肺動脈狭窄症など)、中枢神経障害(精神発達遅延(ちえん)、脳性麻痺(のうせいまひ)、小頭症(しょうとうしょう)など)など永久障害を残すものと、血小板減少性紫斑病(しはんびょう)、肝脾腫(かんひしゅ)、肝炎、溶血性(ようけつせい)貧血、大泉門膨隆(だいせんもんぼうりゅう)、間質性(かんしつせい)肺炎など生後一過性に認められるものがあります。
 異常の程度とその頻度は、ウイルス感染と妊娠の時期の関係によります。本症の発生頻度は、妊娠4週以内では30〜50%、5〜8週で25%、9〜12週で8%、妊娠前期で20%といわれています。

検査と診断

 診断は患児の検体(咽頭ぬぐい液など)からのウイルス分離、患児血清でのIgM高値、風疹特異的IgM抗体の確認が大切です。

治療、予防の方法

 先天性風疹症候群の治療は、おのおのの奇形に対して行うことになります。何よりも大切な予防は幼児期に風疹ワクチンの接種を受け、風疹ウイルスに対する免疫をつくっておくことです。

先天性風疹症候群に気づいたらどうする

 ウイルス感染症を専門とする小児科医に相談してください。