マイコプラズマ肺炎<子どもの病気>の症状の現れ方

 感染している人と濃厚に接触してうつります。潜伏期間は2週間前後です。
 主な症状は熱と咳(せき)です。とくに咳はひどく、喘息(ぜんそく)の子どもがマイコプラズマ肺炎に感染すると重い喘息発作を起こすことがあります。
 合併症を起こすことは少ないです。

マイコプラズマ肺炎<子どもの病気>の診断と治療の方法

 マイコプラズマに効果のある、マクロライド系の抗生剤を使います。これにより多くは2〜3日以内に熱が下がります。
 なお、子どもによく使われるペニシリン系やセフェム系の抗生剤はまったく効果がありません。