いぼ<子どもの病気>の症状の現れ方

 尋常性疣贅では主に手足の指や足底に、はじめは平らな小さい丘疹(きゅうしん)が生じ、徐々に表面がザラザラして灰白色のドーム状の盛り上がりになります。足底では扁平なことも多く、タコやうおのめと間違われることもあります。いぼの表面を削(けず)ると点状の出血が見られることも特徴です。

いぼ<子どもの病気>の診断と治療の方法

 いぼを取り除くには、液体窒素(ちっそ)による凍結療法が一般的です。液体窒素に浸した綿棒を数秒間いぼに接触させて凍らせます。一度で治らない場合は1〜2週間ごとに続ける必要があります。
 そのほかにレーザーや電気メスでいぼを焼く方法、グルタルアルデヒド塗布法、接触免疫療法、ハトムギエキスの内服なども行われることがあります。