偽性副甲状腺機能低下症とはどんな病気か

 副甲状腺ホルモン(PTH)の十分な生成はあるものの、腎でのPTHに対する反応が低下しているために低カルシウム血症、高リン血症を来すものです。

原因は何か

 腎尿細管のGs蛋白の異常などPTHの機能の発現に必要な遺伝子の異常が考えられています。

症状の現れ方

 低カルシウム血症の症状として、しびれ感、テタニー、けいれん(すべての形)、喉頭けいれん・気管支けいれん、歯牙(しが)発育障害などがあります。甲状腺刺激ホルモン(TSH)や性腺刺激ホルモン(LH、FSH)に対する不応症を合併し、甲状腺機能低下症無月経などの性腺機能不全を示す場合もあります。タイプIa(後述)では、円形顔貌(がんぼう)、低身長、第4中手骨の短縮、皮下骨腫(ひかこつしゅ)などのアルブライト骨異栄養症(こついえいようしょう)(AHO)が認められます。

検査と診断

 血液検査で低カルシウム血症(アルブミン補正値8・5mgdl未満)、高リン血症(4・5mgdl以上)があり、インタクトPTHが30pgml以上なら本症が疑われます。確定診断にはエルスワース・ハワード試験を行い、その結果でタイプIa、Ib、IcとタイプIIの4型に分類されます(表24)。
 タイプIaでは大脳基底核(きていかく)の石灰化がCTスキャンでよく認められます。AHOを認められても低カルシウム血症のないものは、偽性偽性副甲状腺機能低下症と呼ばれます。

治療の方法

 テタニーやけいれんを起こしている時には、カルシウム製剤(カルチコール)を静脈注射により投与します。明らかな症状がなければ、活性型ビタミンD製剤のアルファカルシドール(アルファロール、1〜2μm日)やカルシトリオール(ロカルトロール0・5〜1μm日)の内服が行われます。

偽性副甲状腺機能低下症に気づいたらどうする

 内分泌疾患の専門外来をもつ小児科を受診します。

関連項目

 特発性副甲状腺機能低下症