急性うっ滞性乳腺炎<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 乳房が大きく腫大し、乳房皮膚の静脈の拡張、青黒い色調などが認められ、乳房の緊満感(きんまんかん)(張った感じ)、疼痛を感じます。乳頭からは乳汁が漏出します。発熱などの全身症状は軽度です。

急性うっ滞性乳腺炎<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 乳汁のうっ滞を解消するために搾乳(さくにゅう)します。局所治療としては、乳房を冷やす(冷罨法(れいあんぽう))のも有効です。乳頭に問題がある場合には、乳頭をつまみ出すように努力して赤ちゃんの乳汁吸飲を促します。赤ちゃんが乳汁をまったく吸飲しようとしないのであれば、冷罨法か薬物により乳汁分泌を止め、授乳をあきらめざるをえません。