乳管拡張症とはどんな病気か

 乳管が病的に拡張したものをいいます。乳頭から分泌物を生じることもあります。中年の女性に多い病気です。

原因は何か

 乳管の拡張を生じる原因はいくつかありますが、大きく分けると乳腺の分泌過剰などの機能的異常に伴うもの、乳管周囲の炎症に伴うもの、そして後述する乳頭腫(にゅうとうしゅ)や乳がんなどの腫瘍からの出血が原因になっているものとがあります。

症状の現れ方

 乳管拡張症の多くは無症状です。一部の患者さんでは乳頭から乳汁のような分泌物を生じることがあります。茶褐色、あるいは血液が混じっている場合は、腫瘍が関係している可能性があるので要注意です。乳がん検診などで実施された超音波により、偶然乳管の拡張を指摘されることが多いようです。しかし、これらはいずれも乳管拡張症に特有の症状とはいえません。

検査と診断

 最も簡単なのは超音波検査です。最近の優秀な機器であれば、拡張した乳管を特定することは困難ではありません。しかし、乳管拡張が病的かどうか、また治療を要するかどうかを決めるのは決して容易なことではありません。乳頭に分泌物が認められれば分泌物の細胞診を行い、悪性細胞が存在しないかどうか確認します。そのほか、内分泌的検査(プロラクチン測定)や乳頭分泌の原因になるような薬物(胃薬、向精神薬など)を服用していないかどうか確認します。
 閉経期前後であれば内分泌機能の変動が最も原因として考えられますが、乳がんの好発年齢と重なるので注意を要します。原因がはっきりしない場合、とくに腫瘍との関係を否定できない時は、乳腺の生検を行うことがあります。

治療の方法

 非腫瘍性のものであれば、治療はほとんど必要ありません。ただし、乳管拡張症は将来乳がんを発症するリスクがある病変と考えている病理医もいるので、乳がん検診を欠かさず受診することが重要です。良性腫瘍あるいは炎症性のものであることがはっきり確認できれば、これも経過観察でかまいません。悪性腫瘍が原因であれば、根治的な治療を行います。

乳管拡張症に気づいたらどうする

 乳頭分泌などの自覚症状があれば、外科医の診察を受けてください。自覚症状がなくても乳がん検診などで偶然発見されることがありますが、その場合は発見した医師の指示に従います。乳管拡張症を起こす原因が多岐にわたることを知っておくことが大切です。

関連項目

 乳腺症乳管内乳頭腫乳がん