子宮後転症(子宮後傾後屈症)とはどんな病気か



 子宮は通常、前傾前屈(ぜんけいぜんくつ)の位置をとっていますが、後傾後屈の位置をとる状態を子宮後転症(子宮後傾後屈症)と呼びます(図4)。正常女性の約20%に認められるといわれています。
 とくに障害を伴わない場合は病気とはみなしません。子宮後転症はかなり以前には病的と考えられ、手術が行われていた時代もありましたが、現在では治療の対象とは考えられていません。

原因は何か

 大部分は可動性であり、病気ではありません。
 骨盤内の炎症や子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)などが原因で、子宮と直腸あるいは骨盤腹膜と癒着(ゆちゃく)し、非可動性の子宮後転症になっていることもあります。
 この場合には、原因疾患による症状が現れることはありますが、子宮後転症そのものによる特有な症状というものはありません。

症状の現れ方

 子宮後転症だけに特有な症状はありません。

検査と診断

 内診や超音波検査により容易に診断が可能です。

治療の方法

 現在では子宮後転症そのものは異常とは考えられていないので、治療の対象にはなりません。

子宮後転症(子宮後傾後屈症)に気づいたらどうする

 子宮後転症が癒着に起因するものであれば、原因疾患が治療の対象になるかどうかを調べるため、検査を受けることが望ましいと考えられます。

関連項目

 骨盤腹膜炎子宮内膜症