子宮内反症<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 胎盤剥離前後に突然の下腹痛、腟付近の膨満感(ぼうまんかん)、ショック、大量出血などの症状があれば子宮内反症が疑われます。

子宮内反症<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 大量出血を起こすことが多いので、血管確保により輸液や輸血を必要に応じて行うと同時に、整復を試みます。整復に際しては、鎮痛効果と子宮筋を弛緩させる目的で麻酔を行う場合があります。