子宮頸管炎<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 膿性、粘液性の帯下(たいげ)(おりもの)の増量が特徴的です。子宮頸管炎以外の尿道炎子宮内膜炎(しきゅうないまくえん)、骨盤腹膜炎を併発している場合は、排尿痛、下腹痛、発熱なども現れます。

子宮頸管炎<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 炎症を起こしている原因菌を突きとめ、症状に応じて抗菌薬の内服、点滴、腟内投与を行います。