子宮筋腫<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 粘膜下筋腫や大きな筋層内筋腫の場合は、筋腫がある部分の子宮内膜が薄くなり、うっ血、壊死(えし)、潰瘍などが生じて月経の出血量が増えます。そのため、貧血になることがあり、動悸(どうき)・息切れなどの貧血症状で筋腫が発見されることも少なくありません。筋腫のこぶが握りこぶし大以上になると、下腹部に腫瘤感(しゅりゅうかん)や膨満感(ぼうまんかん)を自覚することがあります。
 また、子宮腔の変形による月経血の排出障害、筋腫の変性・感染、漿膜下筋腫の茎部(けいぶ)でのねじれなどにより、月経時に下腹部痛や腰痛を自覚することがあります。時には、筋腫が腟のなかにまで下がってきて、不正出血が続くことがあります。これを筋腫分娩(きんしゅぶんべん)といい、筋腫のこぶが子宮から分娩して出てきた形になります。
 筋腫が巨大になり、骨盤内が筋腫で占められるようになると、神経を圧迫して腰痛を起こしたり、膀胱や尿管を圧迫して排尿障害・水腎症(すいじんしょう)を起こすことがあります。さらに、骨盤内の血管を圧迫して下肢に浮腫や静脈瘤(じょうみゃくりゅう)を来すこともあります。
 子宮筋腫は、不妊症や流・早産の原因になることがあります。それは、筋腫のために子宮内膜への血流が不十分になり、また内腔の形が変化するためと考えられています。とくに、粘膜下筋腫の場合が問題になります。

子宮筋腫<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 子宮筋腫はすべて治療が必要になるわけではなく、治療の対象になるのは全症例の10%程度とされています。症状が強い場合、悪性が否定できない場合、不妊の原因になっていると考えられる場合、分娩障害が予測される場合などが手術の対象になります。実際には、年齢、症状の程度、妊娠の希望の有無など、さまざまな条件を考慮して治療の必要性や方法を決めます。
 子どもをつくる希望がある場合は、筋腫部分のみを摘出する子宮筋腫核出術(かくしゅつじゅつ)が行われます。再発することもあるので、手術後6カ月以降であれば早期に妊娠を計画するのがよいでしょう。
 また、子どもをつくる希望がなく40歳以上であれば、通常は子宮すべてを摘出する単純子宮全摘除術(ぜんてきじょじゅつ)が行われます。子宮の大きさによっては、腟式の子宮全摘が行えます。最近は、腹式・腟式手術以外に、腹腔鏡や子宮鏡を用いた内視鏡下手術も行われるようになりました。
 薬物療法としては、卵巣機能を抑えて血中エストロゲンのレベルを下げ、擬似的(ぎじてき)に閉経後の状態にするホルモン療法があります。術前にこの薬物療法を4〜6カ月間行いますが、この間に無月経になるので貧血は改善し、筋腫は縮小し、手術操作が安全かつ容易になります。
 ただし、投与終了後すぐに手術を行わないと、閉経に移行しないかぎり、約6カ月で筋腫は元の大きさにもどります。また、使用される薬剤は低エストロゲン環境をもたらし、更年期障害のような症状や骨量の減少などの副作用を引き起こすので、繰り返し長期に使うことはできません。
 最近、一部で行われている子宮動脈塞栓術(そくせんじゅつ)は、X線透視下に、子宮動脈に挿入した細い管から血管を詰まらせる物質を注入し、血流を遮断(しゃだん)することによって筋腫を小さくする治療法です。
 この方法はまだ臨床研究段階にあり、健康保険は適用されません。筋腫の変性による感染や強い痛みなど、重い副作用の発生も報告されていて、将来の妊娠への影響など検討すべき課題が多いのが現状です。