子宮頸がんとはどんな病気か 出典-家庭の医学



子宮は、図11のように、「とっくり」を逆さにしたような形をしています。子宮の細い部分(頸部)の先端が腟の奥に突き出ています。子宮頸部の上皮(粘膜)から発生するがんのことを子宮頸がんといいます。がんは、はじめは上皮のなかにとどまっています(上皮内がん)が、次第に子宮の筋肉に浸潤(しんじゅん)します。さらに腟や子宮のまわりの組織に及んだり、骨盤内のリンパ節に転移したりします。さらに進行すると、膀胱・直腸を侵したり、肺・肝臓・骨などに転移したりします。
 子宮頸がんは、40、50代に最も多い病気ですが、20代の人や80歳以上の人にもみられます。



【原因は何か】

 ほとんどの子宮頸がんでヒトパピローマウイルスの遺伝子が検出されます。そのため、このウイルスに感染することが子宮頸がんの発生の引き金と考えられています。このウイルスは性交により感染するので、初めて性交した年齢が低い人や多くの性交相手がいる人は子宮頸がんになる危険性が高くなります。
 しかし、実際に子宮頸がんになる人は、ウイルスに感染した人のなかの一部にすぎません。発がんには、ウイルスに感染した人の体質(遺伝子の不安定性や免疫など)も関係していると考えられています。

【症状の現れ方】

初期の子宮頸がんではほとんどが無症状ですが、子宮がん検診で行う子宮頸部細胞診により発見することができます。
 自覚症状としては不正性器出血(月経以外の出血)が最も多く、とくに性交時に出血しやすくなります。おりもの(帯下(たいげ))が増えることもあります。進行がんでは下腹部痛、腰痛、下肢痛や血尿、血便、排尿障害が現れることがあります。

【検査と診断】



 子宮頸部を綿棒などでこすって細胞診用の検体を採取します。細胞診で異型細胞が認められた場合には、腟拡大鏡(コルポスコープ)で観察しながら、疑わしい部分の組織を採取します(ねらい組織診)。採取した組織を病理学的に検査して診断を確定します。進行がんの場合は肉眼で見ただけでわかりますが、確定のために細胞診と組織診を行います。さらに内診・直腸診で腫瘍の大きさや広がりを調べます。
 子宮頸がんの診断がついた場合は、胸部X線検査、経静脈性尿路造影(けいじょうみゃくせいにょうろぞうえい)、膀胱鏡(ぼうこうきょう)、直腸鏡検査を行い、臨床進行期(表2)を決定します。腹部超音波検査・CT・MRIによって病変の広がりを調べることも、治療法の選択にあたり重要です。

【治療の方法】

 手術療法または放射線療法が子宮頸がんの主な治療法です。治療法は年齢・全身状態、病変の進行期を考慮して選択されます。治療成績は手術・放射線ともほぼ同じですが、日本では手術が可能なII期までは手術療法が選ばれる傾向にあります。
 0期に対しては子宮頸部だけを円錐形(えんすいけい)に切り取る円錐切除術を行うことで、術後に妊娠の可能性を残すことができます。また、レーザー治療を行うこともあります。妊娠の希望がない場合は単純子宮全摘術を行うこともあります。
 Ia期(I期のなかで浸潤が浅いもの)の場合は単純子宮全摘術が標準的ですが、妊娠を強く希望される人の場合は、円錐切除術のみを行うことがあります。
 Ib〜II期の場合は広汎子宮全摘術(こうはんしきゅうぜんてきじゅつ)が一般的です。広汎子宮全摘術では、子宮・子宮傍組織・卵管・卵巣・腟の子宮側3分の1程度・骨盤リンパ節を摘出します。40歳未満の場合は卵巣を温存することもあります。摘出物の病理診断でリンパ節転移や切除断端にがんがあった場合は、術後に放射線療法を追加します。
 高齢者・全身状態の悪い人やIII・IV期の場合は、手術の負担が大きいため放射線療法を行います。
 放射線療法は通常、子宮を中心とした骨盤内の臓器におなかの外側から照射する「外部照射」と、子宮・腟の内側から細い器具を入れて照射する「腔内照射」を組み合わせて行います。放射線療法を行う際は、同時に抗がん薬(シスプラチンなど)を投与する化学放射線療法のほうが、放射線単独療法よりも治療効果が高いことが報告されており、最近では化学放射線療法が標準的になっています。
 肺・肝臓・骨などに遠隔転移がある場合、通常は化学療法が選択されます。

【子宮頸がんに気づいたらどうする】

 不正性器出血があったら婦人科で検査を受けるのがよいでしょう。症状がなくても、年に1回程度は子宮がん検診を受けることをすすめます。

特集コラム

子宮頸がんってどんな病気?

「日常生活で感染 初期症状はほとんどなし!」
子宮頸がんってどんな病気?
女性がはじめて出会うがんとも言われている「子宮頸がん」。30代の女性が一番かかりやすく、現在は20代にも急増しています。「子宮頸がん」がどんな病気なのかを知り、予防に役立てましょう。続きを読む

子宮体がんは子宮頸がんとどう違うの?
子宮体がんは子宮頸がんとどう違うの?
子宮にできるがんを「子宮がん」と呼びますが、子宮がんには「子宮体がん」と「子宮頸がん」があります。この2つはまったく別の種類のがんで、特徴も大きく異なります。「子宮体がん」と「子宮頸がん」、2つの違いについて、自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授の今野良先生に教えてもらいました。続きを読む

正常な細胞が子宮頸がんになるまで
正常な細胞が子宮頸がんになるまで
「子宮頸がん」はウイルスによる感染が原因で起こるがんです。細胞ががんに変わるまでには、長い時間がかかります。正常な細胞が子宮頸がんになるまでの過程を自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授の今野良先生に解説してもらいました。続きを読む

子宮頸がんと検診

子宮頸がん検診が必要な理由
子宮頸がん検診が必要な理由
女性の誰もがかかる可能性のある「子宮頸がん」。子宮頸がん検診の重要性について、こころとからだの元氣プラザ診療部長・小田瑞恵先生に伺いました。続きを読む

子宮頸がん検診は婦人科疾患のチェックにも
更年期障害の症状「メンタルにも表れる更年期症状」
誰もがかかるリスクを持っている「子宮頸がん」年に1度の検診をしておけば、そのほかの子宮の病気も防ぐことができます。小さなことでも相談できる、かかりつけの婦人科を見つけましょう。 続きを読む

子宮頸がん検診ってどんなことをするの?
子宮頸がん検診ってどんなことをするの?
子宮頸がん検診とはどんなことを行うのでしょうか。多くの女性を検診している、こころとからだの元氣プラザ診療部長・小田瑞恵先生に、子宮頸がん検診の流れと事前の注意点を伺いました。続きを読む

子宮頸がんの検査内容

子宮頸がんの細胞診とHPV検査
子宮頸がんの細胞診とHPV検査
子宮頸がん検診には、細胞診とHPV検査があり、約50の市区町村では細胞診とHPV検査の併用検診が実施されています。細胞診とHPV検査について、自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授の今野良先生に伺いました。続きを読む

子宮頸がんの予防方法

子宮頸がんワクチンとは-ワクチンと検診で子宮頸がんは予防が可能
子宮頸がんワクチンとは
子宮頸がんの原因となるウイルスへの感染を防ぐことによって、子宮頸がんを予防するワクチンがHPVワクチンです。HPVワクチンについて、自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授の今野良先生に伺いました。続きを読む

子宮頸がんの精密検査と治療法

確定診断は「コルポ診」「組織診」で
子宮頸がんの精密検査と治療法
子宮頸がん検診の結果、前がん状態やがんが見つかったらどのような治療法を行うのでしょうか。自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授の今野良先生に伺いました。続きを読む

子宮頸がんの関連コラム

子宮がん、小さな変化を見過ごさないで
子宮頸がん検診で要精密検査と言われたら
若い女性に広がる子宮頸がん
子宮頸がんの徹底予防に向けた世界の動き
子宮頸がんが低年齢化 早期発見があなたを守る

病院一覧

東京都 女性専用外来のある病院一覧
東京都 産科、婦人科に女性医師のいる病院一覧