子宮肉腫とはどんな病気か

 子宮体部にできる悪性腫瘍には、子宮体癌のほかに子宮肉腫があります。子宮体癌は子宮の内側の表面をおおっている上皮組織から発生しますが、子宮肉腫は子宮の上皮以外の成分から発生する腫瘍です。
 子宮体部の悪性腫瘍のわずか数%を占めるまれな病気で、主に40〜70代の女性に発生し、予後はきわめて不良です。
 子宮体部の筋肉から発生することも多く、子宮筋腫(きんしゅ)との判別が難しいため、筋腫として手術したのちに、病理検査の結果で子宮肉腫と判明することもあります。

原因は何か

 他の悪性腫瘍と同様に、突然変異による何らかの遺伝子異常によって起こると考えられています。また、骨盤への放射線照射歴とも関連するとされています。

症状の現れ方

 不正性器出血(月経以外や閉経後の性器出血)、帯下(たいげ)の増加、下腹部の違和感や腫瘤感(しゅりゅうかん)、腹痛などがみられます。しかし、子宮筋層に限られる初期の子宮肉腫は、ほとんど症状を来しません。子宮筋腫が急激に大きくなったり、閉経後にもかかわらず筋腫や子宮が大きくなった時には、肉腫が疑われます。

検査と診断

 内診、子宮の細胞診・組織診、経腟(けいちつ)超音波断層法、CT、MRI、腫瘍マーカーなどの諸検査の結果から、総合的に術前診断をします。しかし、子宮体癌と子宮肉腫とを術前に区別するのは困難で、また子宮肉腫と子宮筋腫との区別も困難なことが多く、確定診断は手術によって行われます。

治療の方法

 子宮全摘術と両側付属器(卵巣と卵管)摘出術が基本的な治療法です。リンパ節の生検あるいは郭清(かくせい)(きれいに取り除く)は、必要に応じて行われます。手術後には化学療法や放射線療法が追加されます。
 再発の治療や肉腫が進行していて手術が不可能な場合には、化学療法や放射線療法が行われます。組織型によって、ホルモン療法が有効な場合があります。

子宮肉腫に気づいたらどうする

 子宮肉腫が疑われる場合には、CTやMRIなどの設備がある総合病院の婦人科で検査を受ける必要があります。