外陰がんとはどんな病気か

 外陰とは、性器の外側の部分(恥丘(ちきゅう)、大陰唇、小陰唇、陰核、外尿道口、腟前庭(ちつぜんてい)、会陰(えいん)など)の総称です。
 外陰がんは、婦人科が扱う悪性腫瘍のなかで3〜4%と少なく、日本での年間発生数は10万人あたり0・5人以下で、比較的まれな病気です。大部分は50歳以降に発生し、とくに60代以降に多いとされています。
 このがんは、外陰部の表面にできることが多いので、患者さん自身も早期から異常に気づきやすいと思われますが、多くの場合は進行がんとして発見されます。その理由としては、患者さんが外陰部の腫瘤(しゅりゅう)(はれもの)、潰瘍(かいよう)、長期間続くかゆみなどに気づいていても、婦人科の受診に抵抗感をもつために、受診までの期間が長くなることなどが考えられます。

原因は何か

 いまだ不明な点が多いのですが、少なくとも2つの異なる原因が考えられています。ひとつは、ヒトパピローマウイルス(コラム)の感染をきっかけにがんが発生するもので、この場合は比較的若い人に発生するとされています。
 もうひとつは、硬化性苔癬(こうかせいたいせん)(外陰部などに硬い丘疹(きゅうしん)が数多くできる)などの炎症性疾患が元になって、がんが発生すると推測されています。

症状の現れ方

 初めのうちは、しつこく続くかゆみと腫瘤が主な症状です。がんが進行してきて潰瘍が形成されると、痛みや排尿時の灼熱感(しゃくねつかん)などを感じるようになります。

検査と診断

 早期診断に不可欠なのは、注意深い外陰部の視診です。外陰部は乾燥している部分なので、細胞診で診断するために良好な標本を得ることが比較的困難です。確定診断は拡大鏡を用いてよく観察し、疑わしい部位の生検(組織の一部を採取して調べる検査)を行います。

治療の方法

 外陰がんは、がんの大きさや外陰部周囲の臓器への進展、リンパ節転移の有無などによって4つの進行期に分けられ(表4)、治療方法が異なります。
 進行期1期あるいは2期のがんに対しては、広汎外陰切除と鼠径(そけい)リンパ節郭清(かくせい)が標準的な術式になっています。郭清とは、がんの転移の有無にかかわらず、周辺のリンパ節をすべて切除することです。
 1期では、切除範囲やリンパ節郭清の範囲を縮小する場合もあります。
 進行期3期以上では、広汎外陰切除、骨盤内臓全摘術が行われる場合や、放射線療法と化学療法(抗がん薬)を併用して治療にあたる場合があります。
 治療成績は、進行期によって異なります。表4に、1995年の日本産科婦人科学会婦人科腫瘍委員会による、5年間生存した外陰がん(扁平上皮(へんぺいじょうひ)がん)の患者さんの割合(5年生存率)を示しました。ただし、この数値には、老衰やほかの病気で死亡した人も含まれているので、外陰がん自体の生存率はこの数値より高くなります。

外陰がんに気づいたらどうする

 外陰部の腫瘤やしつこいかゆみなどがある場合には、積極的に婦人科を受診することをすすめます。治療は婦人科と皮膚科、あるいは形成外科が協力して行います。

関連項目

 子宮頸がん尖圭コンジローマ