淋菌性腟炎<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 女性の場合、35〜50%が無症状です。症状は、黄色で膿性の帯下(たいげ)(おりもの)の増加、外陰部の掻痒感(そうようかん)(かゆみ)や灼熱感(しゃくねつかん)、排尿痛などです。子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎を発症すると下腹部痛や発熱を生じます。
 骨盤内の炎症は卵管周囲の癒着を生じ、不妊の原因となることもあります。産道感染により、新生児結膜炎(けつまくえん)を発症することもあります。

淋菌性腟炎<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 第一選択は、ペニシリン系抗生剤の使用です。セフェム系抗生剤も有効です。感受性があれば、ニューキノロン系も使用します。近年は抗生剤に耐性のある菌が出現しており、治療を困難にしています。