どんな病気か・原因は何か

 霊長類では、子宮は胎児発生の過程で左右のミュラー管が癒合し、中隔(ちゅうかく)が消退して、ひとつの子宮が形成されます。子宮の奇形は、主としてこのミュラー管の癒合不全、中隔消退不全、あるいは片側のミュラー管発育不全によって生じ、この不全の程度によってさまざまな形態を示します。
 ミュラー管上部の癒合不全では、子宮の上部(子宮底)が弓状を呈する弓状(きゅうじょう)子宮、さらに癒合不全が下部まで及ぶと、子宮体部が2つに分かれる単頸双角(たんけいそうかく)子宮、子宮頸部まで2つに分かれる双頸双角(そうけいそうかく)子宮、腟まで2つに分かれる重複子宮・重複腟となります。
 また、片側のミュラー管の発育が不良であると、子宮の片方に発育不良の子宮が付属している副角(ふくかく)子宮、まったく発育しなければ角状の子宮・卵管がひとつだけ存在する単角(たんかく)子宮となります。
 ミュラー管の癒合は正常でも、その後の中隔の消退に障害があれば、子宮の中央に中隔が残る中隔子宮となります。さらに、2つに分かれた子宮の間の交通の有無によっても形態が異なります。

症状の現れ方

 子宮奇形による症状は、その形態によってさまざまですが、多くは無症状で、不妊症習慣流産の検査時に明らかになることが多いようです。
 腟に通じる交通がない機能性子宮があれば、思春期に月経が発来すると月経血の貯留を来して(留血症(りゅうけつしょう))、月経時に下腹痛が現れます。
 また、妊娠時には胎児発育遅延の原因となったり、分娩時には子宮収縮異常や子宮形態異常による胎児の回旋異常や、分娩停止の原因となりえます。

治療の方法

 治療は手術療法のみですが、非交通性機能性子宮による留血症がある場合や、不妊症習慣流産において、治療経過から子宮奇形がその原因である可能性が高い場合にのみ実施します。
 弓状子宮では子宮底形成術としてシュトラスマン手術が、双角子宮では2つの子宮角をひとつに形成するジョンズ・ジョンズ手術が、中隔子宮では中隔を切除するトンプキンス手術が行われます。近年、子宮鏡下手術の進歩に伴い、中隔子宮に対してはより体に負担の少ない(低侵襲な)子宮鏡下中隔切除術が行われるようになりました。