卵巣機能低下症<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 35〜40歳で無排卵となり、多くの場合は無月経になります。原因によっては、もっと早期に無月経になることもあります。
 無月経になる前の段階として、月経周期が延長した稀発(きはつ)月経の期間があり、この段階ではすでに無排卵になっていることが多く、基礎体温は低温一相性(月経周期に高温期がなく、低温期のまま経過する)となっていることがほとんどです。
 自覚症状は、無月経または稀発月経なので、それぞれの項の対処法に準じます。診断には血液中のゴナドトロピン値の測定が必須なので、専門医による診察が必要です。

卵巣機能低下症<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 通常の時期に閉経する人に比べ、早期にエストロゲンが欠如することになるので、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)に対する予防が必要になります。このため、従来は薬剤でエストロゲンを補充するホルモン補充療法(HRT)が行われてきました。最近では、ホルモン補充療法に加え、ホルモン製剤以外の骨粗鬆症治療薬も使用されています。
 エストロゲンが欠如することによって生じる更年期症状については、ホルモン補充療法が必要になります。
 妊娠を望む場合は、卵巣に卵胞が残存していることが前提条件になります。ゴナドトロピンの投与による強力な排卵誘発療法で卵巣の反応を観察することが必要ですが、多くの場合、排卵誘発は容易ではありません。