不正性器出血<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 原因によって症状の現れ方はさまざまです。また原因によっては、ほかの症状を伴うことを特徴とすることもあります。
 腫瘍性病変の場合は、性交中や性交後に出血が起こることが特徴ですが、子宮体部の腫瘍の場合は、性交と関係はあまりありません。感染や炎症を原因とする場合は、発熱や痛みを、また帯下(たいげ)(おりもの)を伴うこともあります。帯下と出血が混じり、一見、出血が濁った色調になっていることもあります。
 機能性出血は、形態上の明らかな病気がなくて起こる出血です。排卵期に起こる排卵期出血(中間期出血)、黄体機能不全(おうたいきのうふぜん)に伴う黄体期の出血、更年期に起こる月経前後の長く続く出血など、出血の時期に特徴があります。

不正性器出血<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 それぞれの病気に応じた治療が必要です。機能性出血であることが明白となれば、多くの場合、治療は必要ありません。