せっぱくりゅうざん切迫流産の症状や原因・診断と治療方法

切迫流産とはどんな病気か

 切迫流産とは「流産になりかけている」という意味です。実際は流産が起こりうる妊娠22週未満の時期に子宮出血があれば切迫流産と呼ぶので、流産になる可能性が高くない場合も含まれます。
 妊娠12週以前では、胎芽(たいが)(胎児になる前の状態)の心拍が確認されている妊娠で出血を伴う場合でも、心拍が確認される以前で出血がある場合でも、流産が疑われる場合でも、切迫流産といわれます。重要なのは出血の有無より、胎芽が順調に発育していくかどうかです。

原因は何か

 妊娠初期は胎嚢(たいのう)(胎芽が入る袋)のまわりの妊娠組織が子宮内の粘膜を壊しながら入り込んでいくため、そこでは常に微少な出血が起こっており、同時に吸収されています。妊娠初期の出血の多くは、この出血が時に吸収されずに子宮内にたまったり、外に流れてくるものと考えられています。
 流産の場合は正常に組織が形成されないことも多く、出血が外に出ることが多いと考えられます。

症状の現れ方

 少量の子宮出血が断続的にみられるという形が大半です。出血量は多いほうが流産の可能性が大きく、下腹部痛を伴うこともあります

検査と診断

 超音波検査で胎芽の心拍が確認されていれば、よほど出血量が多量でないかぎり、多くの場合はいずれ出血が止まり、妊娠が継続します。心拍が確認される前では、尿中の妊娠ホルモンを計測して、順調に発育しているかどうかの参考にすることがあります。

治療の方法

 特別な治療法はなく、出血がある間は安静にしておきます。止血薬が処方されることもありますが、直接に流産を予防する効果は確認されていません。子宮収縮が強く、痛みを伴う場合は、対症的に子宮収縮抑制薬を使うこともあります。

切迫流産に気づいたらどうする

 帯下(たいげ)(おりもの)に混じる程度の出血や、少量の茶色分泌物は、経過をみて次回の受診時に医師に告げてください。月経量程度の出血や強い痛みを伴う時は、病院に受診して相談してください。

今月のおすすめ【PR】