妊娠高血圧症候群とはどんな病気か

 妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧がみられる場合、または高血圧に蛋白尿(たんぱくにょう)を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものではないものをいいます。
 妊娠高血圧腎症(じんしょう)・妊娠高血圧・加重型妊娠高血圧腎症・子癇(しかん)(けいれんと昏睡(こんすい)を起こす妊娠高血圧症候群)という病型による分類があります。
 (1)妊娠高血圧腎症は妊娠20週以降に初めて高血圧が発症し、かつ蛋白尿を伴うもので分娩後12週までに正常に復する場合、(2)妊娠高血圧は妊娠20週以降に初めて高血圧が発症し、分娩後12週までに正常に復する場合、(3)加重型妊娠高血圧腎症は妊娠前あるいは妊娠20週までに各種症状が出現する場合、(4)子癇は妊娠20週以降に初めてけいれん発作を起こし、 てんかんや二次性けいれんが否定される場合をいいます。
 さらに発症時期や症状の程度により早発型・遅発型、軽症・重症などの分類があります。発症時期に関しては妊娠32週未満を早発型、以降を遅発型とします。収縮期血圧160mmHg以上もしくは拡張期血圧110mmHg以上、高度の蛋白尿のうちの1つ以上があれば重症妊娠高血圧症候群、それより軽症のものを軽症妊娠高血圧症候群といいます。

原因は何か

 妊娠高血圧症候群の原因は不明ですが、病態については古くから多くの研究が行われており、血管のれん縮、血管内皮(ないひ)障害など末梢血管の機能障害の関与が知られています。
 妊娠高血圧症候群では、血管作動物質のバランスが血管収縮のほうに傾いているため、血管のれん縮が起こりやすくなります。そのため血小板や白血球を介して血液凝固系が活性化され、血管内皮障害が生じます。これらが悪循環を起こして末梢循環不全となり、各症状が現れます。また、妊娠初期から中期における胎盤形成過程の異常が、重要な役割を果たしていることも指摘されています。

治療の方法

 早期に発見し、適切な処置を行うことが重要です。安静にすることで母体の循環と子宮胎盤の循環が改善されます。
 食事療法としては、従来は塩分制限、カロリー制限、高蛋白食がすすめられていましたが、現在では1日7〜8g程度の食塩摂取、カロリーや蛋白質はBMIに応じた基準値が設定されています。動物性脂肪と糖質を制限し、高ビタミン食がすすめられています。
 薬物療法としては、高血圧に対してはヒドララジンやメチルドパなどの降圧薬が用いられますが、必ずしも病態の改善にはつながりません。利尿薬は循環血液量の低下をまねくため胎児への悪影響が考えられ、原則として使用されません。子癇の発生予防に硫酸マグネシウムが有効であることが報告されています。
 胎児の発育不全や健康状態の悪化をまねきやすいので、定期的に発育と健康状態のチェックが必要です。
 妊娠高血圧症候群の根本的治療は妊娠の終了です。母体または胎児に重篤な症状が現れた場合には、すみやかに妊娠を終了させることが母体の生命保護のために重要です。