骨盤位(逆子)、横位<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 経腟分娩にはリスクが伴うため、それを避けようとする試みは広く行われています。
 妊娠中には頭位へ矯正(きょうせい)するための方法として母体の胸膝位(きょうしつい)(胸と膝を床につけ、腰を上方につきあげるようにした体位)や外回転術(腹壁上から術者の両手を用いて胎位を変える)が行われることがあります。胸膝位の有効性については証明されていません。外回転術の成功率は高いのですが、時に胎盤剥離(たいばんはくり)などの副障害を起こす可能性があります。
 妊娠末期になっても骨盤位である場合には、児頭や骨盤の計測を行い、経腟分娩の可能性について検討します。児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)がない場合でも巨大児、足位、児頭の反屈位(はんくつい)(頭部が胸部から離れた状態)、微弱陣痛、早産児、子宮内胎児発育遅延児などの場合には帝王切開が選択されることが多くなります。
 骨盤位分娩では娩出直前になって急激に胎児の状態が悪くなり、かつその時点からでは帝王切開をすることも困難な事態が発生することもあり、経腟分娩を試みずに帝王切開が選択されることも少なくありません。