妊娠貧血とはどんな病気か

 妊娠中にヘモグロビン11・0gdl未満、ヘマトクリット33・0%未満である場合を妊娠貧血といいます。妊娠中は妊娠初期から血漿(けっしょう)量が増加し、8〜12週では10〜20%増加、妊娠30週以降は約50%増加となるため血液が希釈され、見かけ上の貧血が認められるようになります。
 妊娠中は赤血球数は増加し、胎児への鉄の供給も必要になるため鉄欠乏になりやすく、鉄欠乏性の小球性低色素性貧血(しょうきゅうせいていしきそせいひんけつ)になりやすい傾向があります。

診断と治療

 鉄欠乏性貧血の診断は、血清鉄の低値、総鉄結合能の上昇、フェリチン値の低下によります。
 治療には鉄剤の投与を行います。