子宮破裂とはどんな病気か

 妊娠している子宮体部(たいぶ)に起こる裂傷を子宮破裂といいます。多くは分娩時に起こり、突発的で大量の腹腔内出血と腟からの出血を伴います。母子ともに死亡する可能性のある救急疾患であり、迅速な診断と適切な治療、とくに輸血を中心とする母体の全身管理と緊急手術が必要になります。全妊娠の0・1%程度に発生しています。

原因は何か

 産道に問題があって、分娩が進行しにくい状態で、強すぎる陣痛が起こった場合に発生します。児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)、骨盤内腫瘍、軟産道強靭(なんさんどうきょうじん)などが誘因になりえます。多産婦、帝王切開術や子宮手術後の瘢痕(はんこん)のために子宮に弱い部分がある場合に起こりやすい疾患です。また陣痛促進薬の投与、産科手術(鉗子(かんし)分娩、吸引分娩、骨盤位牽出術(けんしゅつじゅつ)など)が原因となる場合もあります。

症状の現れ方

 陣痛が強くなった時に、突然強い腹痛が生じ、陣痛がこなくなります。母体は不穏状態になり、ショック症状を示します。

検査と診断

 内診上、胎児の先進部(頭位であれば頭部)が急に上昇します。胎児の心拍は急激に悪化します。外出血が多い時もありますが、出血の主体は内出血で、計測することのできる出血量に比べて母体の症状が著明で重症感が強いのが特徴です。

治療の方法

 輸血・輸液によって全身状態を改善して、できるだけ早く開腹手術を行い、破裂創(そう)からの出血を止めます。子宮全摘出術を行わなければならないことも多くあります。

子宮破裂に気づいたらどうする

 迅速に診断し、全身状態管理を行い、手術の準備をします。