器質性精神障害<こころの病気>の症状の現れ方

 主な症状は、認知症(にんちしょう)と意識障害です。
 認知症とは、正常に発達した知的能力が、脳の器質変化によって低下した状態で、記憶や知能の障害に加え、生まれもった性格が変わってくる人格変化がみられます。認知症に伴って、情動の不安定さやうつ状態など感情の変化、気力や意欲がなくなってくる発動性の低下、幻覚(げんかく)や妄想(もうそう)などの精神症状もしばしばみられるようになります。
 意識障害とは、昏睡(こんすい)と呼ばれる、どんな強い刺激を与えても深く眠ったままで目を覚まさない重度のものから、一見意識清明なように見えるものの、注意力が散漫で、放っておくとぼんやりとして、うとうとするような軽度のレベルまでいろいろな段階があります。
 このとき、幻覚(比較的幻視(げんし)が多い)や妄想が生じたり、言動や行動がまとまらず興奮することもしばしばみられ、意識障害ではなく、その他の何らかの精神障害と誤って判断されることもあるので、注意が必要です。

器質性精神障害<こころの病気>の診断と治療の方法

 治療の基本は、原因となる脳器質疾患(のうきしつしっかん)、身体疾患を治療することです。頭部外傷や脳腫瘍(のうしゅよう)など外科的処置が必要になるものや、脳炎、膠原病(こうげんびょう)など内科的治療を行うもの、アルツハイマー型認知症のように、薬を使いながら生活環境を整えリハビリを行うものなど、原因疾患が何であるかによって、治療は変わってきます。
 精神症状が激しい場合には、向精神薬を用いながら治療を行います。