広汎性発達障害とはどんな障害か

 社会性に関連する領域にみられる発達障害の総称です。小児自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群、小児期崩壊性(しょうにきほうかいせい)障害、特定不能の広汎性発達障害、その他が含まれます。

原因は何か

 生物学的要因、主として遺伝によると考えられています。一部は、胎児性風疹(たいじせいふうしん)、フェニルケトン尿症結節性硬化症(けっせつせいこうかしょう)、染色体異常などに伴って生じます。

症状の現れ方

 次の3領域の発達における質的異常を特徴とします。 (1)対人的相互反応における質的障害(相手の気持ちがつかめない、場にあった行動がとれない) (2)コミュニケーションの障害(言葉の使用の誤り、会話をつなげない) (3)行動、興味、活動が限定していて反復・常同的
 これらの異常は幼児期早期から、家庭内および社会的場面で広く観察されます。具体的な現れ方は発達とともに変化しますが、これらの特徴はもち続けます。
 これらに加えて、何らかの感覚過敏が90%の人にみられます。聴覚(機械音、サイレン、ピストルの音、雑踏(ざっとう)の音など)、味覚(偏食になる)、視覚(絵本の特定のページ、CMの場面)、触覚(抱かれる、洋服を着るなどの皮膚接触を嫌う)など特定の刺激に苦痛不快を示し、回避します。

検査と診断

 一般には、WHO(世界保健機関)の「国際疾病分類第10版(ICD‐10)」、または米国精神医学会による「精神疾患の診断・統計マニュアル第4版(DSM‐IV)」における広汎性発達障害に準拠して診断します。診察室での面接と観察、家族および学校の先生・保育者などからの情報を通じて、前述の3領域での症状を確認すると同時に、生育歴でその発達経過における特徴を確認します。
 診断に続く療育にあたっては、原因となる疾患についての検討、認知機能の特徴、知的障害の有無、統合運動の問題、学習能力などについての検討を行っておくことが必要です。

治療の方法

 今日、広汎性発達障害を改善する薬物は存在しません。医学的な治療が求められるのは、広汎性発達障害児が示すてんかん、不眠、不安・恐怖などの情緒的問題、行動上の問題などです。
 発達障害への対応として共通するのは、「子どもが障害をもちながら成長し、生活するにあたって必要な支援を適切に行う」ことが基本になるということです。これらの営みを療育といいます。その課題は、障害の特徴、年齢・発達とともに異なります。

障害に気づいたらどうする

 障害について気がかりな時は、まず地域の乳幼児健康診断を担当している保健師、地域の障害児福祉の窓口になる児童相談所の担当者に相談します。
 医療機関で診断を求める場合は、発達障害に詳しい小児科医・小児神経科医、児童精神科医が望ましいです。

●アスペルガー症候群(しょうこうぐん)
 アスペルガー症候群の特徴は、(1)相互的な社会関係とコミュニケーションをもちにくい、(2)関心と活動が限局し常同的であること、です。この特徴はいずれも自閉症と共通するところから、自閉症のひとつと考えられます。いいかえれば、自閉症のなかで、知的障害を伴わなず、言葉を使うことができるものが、アスペルガー症候群と考えられています。しかし、両者の境界は必ずしも明確でなく、その神経学的な背景の違いについてもまだ不明な点が多く残されています。
 アスペルガー症候群の人は、難しい言葉や表現を用いることができますが、意味理解は限定されており、違った意味で用いられるとわからなくなってしまいます。他の人の気持ちを想像することが難しいので、相手や場面にふさわしい言葉遣いをすることが苦手です。一方的に自分の知っていることを話し続けることもよくあります。
 日常生活では決まった手順やスケジュールを守ります。たとえば虫のこと、乗り物のことなど、興味があることには熱中し、極めて詳しい知識をもっていたり、技能を発揮したりすることがあります。
 アスペルガー症候群への対応は、前述の「広汎性発達障害」に触れたとおりです。