突き指とはどんな外傷か

 いわゆる突き指とは、野球、バレーボール、バスケットボールなどの球技でボールを受けそこなった時や転倒して指を突いた時に発生する、指の関節周辺のけがの総称です。
 この病名(俗称)はあくまでも総称ですので、ひとくちに「突き指」といっても、実際には、靭帯(じんたい)損傷、腱(けん)損傷、脱臼(だっきゅう)、軟骨(なんこつ)損傷、骨折などさまざまな病態の外傷が含まれています。
 突き指というと軽いけがと思われがちですが、受傷後早期に適切な治療を受けないと、いつまでもはれや痛みが続いたり、関節の変形や不安定性そして運動障害が残ったままになる例も少なくありません。とくに、次のような場合は必ず整形外科などの専門医を受診することをすすめます。

注意すべき突き指

(1)明らかな変形がある時:脱臼や骨折の可能性があります。 (2)関節のはれや皮下出血が強い時:骨折や靭帯損傷の可能性があります。 (3)第1関節が曲がったまま自力で伸びない時:これを槌指(ついし)といい、腱の断裂または骨折が原因になります。ずれのある骨折の場合は手術が必要です。 (4)拇指(ぼし)の付け根の関節の突き指:この関節の脱臼は極めて整復が困難です。また、内側の靭帯が完全に切れている損傷の場合は、どうしても手術が必要です。

応急処置はどうするか

 捻挫の項で述べたのと同様、突き指の応急処置も、局所の安静・冷却・圧迫・患肢の高挙(こうきょ)(RICE)が基本になります。
 変形があっても、はっきりした原因がわからないのに、素人判断で引っぱるようなことはしないほうが無難です。