スポーツ外傷・スポーツ障害<外傷>の診断と治療の方法

 疲労骨折の治療は通常保存的に行われます。骨折線(こっせつせん)が明らかでない場合には、スポーツを休ませるだけのこともあります。しかし、骨折線がある場合にはギプスなどによる外固定を行うのが一般的な治療法です。
 ただし、疲労骨折のなかには難治性のものもあり、こうした例では手術を行うこともあります。