脳振盪とはどんな外傷か

 頭部外傷のうち、受傷時の記憶喪失(きおくそうしつ)、あるいは受傷後6時間以内に回復した意識消失がある場合を、臨床的に脳振盪と定義しています。

原因は何か

 頭部打撲(だぼく)の衝撃により脳細胞が一時的に機能を停止、あるいはその一部が損傷を受けて一過性の意識障害が起こります。

症状の現れ方

 健忘(けんぼう)(記憶が失われること)が起こるため、受傷時のことを思い出せません。
 見当識(けんとうしき)の障害(日付や場所、周囲の人のことがわからない)や意識消失が一過性にみられることもありますが、ほとんどの場合は受傷直後に改善するため健忘だけが残り、その他の脳の機能異常は認められません。
 頭痛や嘔吐などを伴うこともあります。

検査と診断

 通常、頭部CTでは異常が認められませんが、CTよりも精度の高い頭部MRIでは小さな出血やむくみ(浮腫)が映し出されることがあります。

治療の方法

 経過観察だけで正常に回復します。頭部CTで脳挫傷(のうざしょう)や血腫などの異常があれば、それに対する治療が行われます。頭痛や嘔吐があれば、症状に応じて安静、点滴あるいは薬物療法(対症療法として鎮痛薬や制吐薬など)が行われます。
 失われていた記憶の一部はもどりますが、けがをした時のことは思い出せないのが普通です。ただし一般的には、その後に記憶障害が後遺症として残ることはありません。