虹彩離断とはどんな外傷か

 鈍的(どんてき)外傷により、虹彩(こうさい)が離断された状態です。多くは前述の前房出血を伴います。

原因は何か

 外力が加わって、その圧力が虹彩を引き伸ばし、引き裂かれることによります。

症状の現れ方

 瞳孔(どうこう)は正常では正円をしていますが、離断した虹彩は牽引(けんいん)がかかり(引っぱられる)、不整形を示します。全周にわたって離断した場合を外傷性無虹彩症(むこうさいしょう)といいます。程度により異なりますが、多くの症例で視力低下、羞明(しゅうめい)(まぶしさ)、眼圧の上昇などを来します。

検査と診断

 視力・眼圧・細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査(隅角検査を含む)、眼底検査などを行います。外傷性虹彩炎(がいしょうせいこうさいえん)、高眼圧、硝子体(しょうしたい)出血網膜剥離(もうまくはくり)などの合併症の有無を確認します。

治療の方法

 散瞳薬(アトロピン点眼)、ステロイド薬の点眼で炎症を鎮めます。また、高眼圧に対しては、点眼および内服治療を行います。