網膜振盪症とはどんな外傷か

 外傷のうち比較的その外力が弱い場合に生じる網膜の白色混濁のことで、視力に影響しないことが多く、受傷後1〜2週間で自然に治ります。
 なお、網膜剥離(もうまくはくり)などとの区別が必要になります。

症状の現れ方

 鈍的外傷により生じる他の障害の症状を合併していることが多いのですが、網膜振盪症自体の自覚症状は乏しいのが普通です。ただし、黄斑部(おうはんぶ)という網膜の中心部に混濁が及ぶと視力低下の原因になりえます。

検査と診断

 視力・眼圧・細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査および眼底検査が必要です。

治療の方法

 治療を必要としないことが多いのですが、網膜に変性を起こし、網膜機能が低下して回復しないこともあるため、注意深く経過を観察する必要があります。また、外傷性虹彩炎(こうさいえん)、前房出血(ぜんぼうしゅっけつ)、虹彩離断(こうさいりだん)、網膜剥離などの合併に注意が必要です。